[六曜]大安・仏滅などの六曜は、出所のわからないただの迷信?

結婚式などの冠婚葬祭の日取りを決める際などに重要視される「六曜」ですが、その出所は不明らしいのです。

中国から伝わったものとされているようですが、いつ、どこで、誰から伝わったのかもわからないのです。

しかも六曜は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順番で、機械的に日に当てはめられているだけ。
この雑な仕事ぶりに対し、六曜が日本に与える影響は大きすぎるような気さえしてきます。

要するに、六曜は「なんの根拠もないただの迷信」と言うことができると思います。

この六曜が本当に全くの出鱈目だとしたら…

結婚式の日取りを決める際、親子の間で

「○月○日に結婚式をやろうと思うんだけど、どうかな?」

「アンタ、その日は仏滅だよ!」

なんて不毛なやり取りがあちこちで行われているかと思うと、なんだかとっても馬鹿らしいです。

しかも大安や仏滅によって式場の金額が違ってきたりするという話も聞いたことがあります。

六曜がそんなに意味のないものだとしたら、なぜこんなにも日本ではメジャーになってしまったのか。。

私は全く六曜は当てにしておりませんが、やはり周りの人が気にするとなると視野に入れざるを得ないですよね。

今の時代は六曜を重要視する人も減ってきているそうですから、いずれ日本からも六曜の文化は消えていきそうですね。

スポンサードリンク